HOME > Q&A


信越産業 株式会社

本社総務部
〒115-0045
東京都北区赤羽1-52-10
TEL 03-3902-2405(代)
FAX 03-3902-2498

本社営業部
〒336-0964
埼玉県さいたま市緑区
東大門1-5-4
TEL 048-812-1160(代)
FAX 048-878-2309

Q&A/コンクリート副資材のことなら信越産業

弊社の業務や商品に関する、よくあるご質問にお答えしております。こちら以外のご質問はお問合せフォームよりお問合せください。

スリックパワーについて

スリックパワープレミアムは配管は可能でしょうか?
数本程度なら使用可能です、ただし、生コンの配合によって大きく差が出来ますのであらかじめお問い合わせ下さい。
スリックパワーは夏場と冬場とでは性能に差は出来ますか?
若干性能差が有るようです。夏場の方が厳しくなります。
夏場・骨材が大きい・貧配合・スランプが小さいという場合やや厳しくなるようですので、スリックパワープレミアムのご使用をお勧めします。
スリックパワーをスクイズ車に使いたいのですが、使用可能ですか?
使用可能です、1袋の3~4分の一をペール缶一杯の水で希釈することで使用可能です。

ラスクリアについて

ラスクリアを型枠に使用したとき離型剤は、はじきませんか?
はじきません、少なくともはじきにくくなっています。離型剤も多様な種類が有りますのではじきやすい物も有ると思いますが、今までの所特に問題が発生したとの報告はありません。

消泡剤について

消泡添加剤の使い分けについて教えてください。
消泡添加剤は3種類(#2、#3、#5)ありますが、離型剤に添加する場合では、#2が油性離型剤用で、他の#3,#5は油性、水溶性のどちらでも使用可能です。
どれを選定するかにつきましては、生コンとの相性がありますので、使用してどうか?での判定になります。
添加した剥離剤の影響(色むらが増加することはないか?)
消泡添加剤を添加した場合、色付き(黄色系)が発生する場合がありますが、色むらが増加するかどうかはわかりません。生コンとの相性でどうなるか?です。
他社の剥離剤製品への添加
他社の剥離剤との相性の問題ですので、添加した場合、離型剤中の添加剤が分離してくる場合があります。
事前混入タイプと後添加する場合のコスト、品質
事前混入の方が、後添加より品質は安定します。
後添加ですと混合が十分かどうか確認することが必要になります。
消泡添加剤はどちらかというと密度が離型剤より大きいので、液体中では下の方に沈みます。
また、コストは当社は積算ですので、200Lにしたら事前、後添加とも価格は同じです。
トンネルの覆工コンクリート型枠(セントル)へ採用した実績
セントル用に消泡添加剤を使用した実績はないと思います。但し、セントル用に使用された離型剤はあります。 ex.)レジコンTNなど
消泡効果(定量的に確認できた物件等あれば)
消泡効果を定量的に確認はしておりません。あくまでも見た目での判断です。
効果とコスト(添加量)で使用の可否が判断されます。

「紙製」の型枠材について

紙製の型枠材への剥離剤の適用は原理的に可能でしょうか?
基本的には難しいと思います。離型剤(当社ではH12年~剥離剤から離型剤と呼び方を変更しています)は、油と添加剤で作られています。
離型剤の離型機構として、油の薄い膜が型枠表面に残って、コンクリートやモルタルが型枠から脱型できます。加える添加剤はその膜を強くしたり、製品表面の気泡を低減したりする薬剤です。
従いまして、紙の場合、油が紙に染み込みますので、脱型は難しいでしょう。
紙製の型枠材の適用にあたっては、紙製の型枠表面になんらかの処理が必要でしょうか?
上記質問の回答にありますように、型枠表面に何らかの処理をして油が染み込まないようにすれば、使用可能だと思います。
しかし、今度は表面コーティング剤に離型剤が塗布可能か(表面に離型剤の膜を形成できるかどうか?)という問題が発生致します。コーティング剤の選定はなかなか難しいと思います。
紙製の型枠材に剥離剤を塗布する実績はありますでしょうか?
紙製の型枠材に離型剤を塗布した実績はありません。
対応する剥離剤製品としては、どのようなタイプがあるでしょうか?
紙製型枠ですので、使用可能な離型剤は「溶剤系の離型剤」になると思います。
当社にも、溶剤系の離型剤はありますが、危険性があるのであまりお勧めしません。ちなみに溶剤はキシレンです。
その他にアルコール系の離型剤もありますが、水も入っていますので、紙製には向かないと思います。

その他

防錆油No.31についてお伺いします。
鉄の錆を防ぎながらある程度の導電性も維持したいのですが、この防錆油を塗った場合に金属は絶縁されるのでしょうか?この点についてお知らせください。
防錆油は主成分が油ですので、基本的には絶縁性があります。
しかし、薄く塗布した場合は、電圧によってですがショートという形での伝導性はあると言えます。
伝導性については塗膜の厚さや電圧にも関係しますので、はっきりとしたことは言えません。
実際にテストされた方が早いと思います。
御社の鉄筋用防錆剤クリアコート#2000に関する成分及び性状または性能確認試験などの技術資料などありますでしょうか?
「クリアコート#2000」の成分及び性状または性能確認試験などの技術資料ですが、ご用意出来ます資料はカタログ、MSDS(安全データーシート)と「鉄筋コンクリート用棒鋼の付着強度試験」(建材試験センター)のデータの3点です。